第二新卒で転職をするのには覚悟が求められます!

就職氷河期と言われて久しい就職活動事情。

もうどのくらい就職氷河期だっただろうか少なくとも私はバブルのころのような引く手あまただった状況を知らない。

しかし、幸いなことに私は1社に落ちたのみで2社目で社会人の一歩を踏み出すことができた。一方で数十社を受けても採用にこぎつけない人々が多いのも事実だ。

こんな狭き門を苦労して通過しても3年以内で退職する人が日本企業全体の問題となっている。この3年以内で退職する人を第二新卒と呼ばれてる。

なん十社も落ちるという苦汁をなめる人がいる一方で3年以内で簡単に退職してしまう人がいる。この第二新卒になる人の退職理由は様々だ。

人間関係がうまく形成できなかった、自身がやりたい職業ではなかった。
そのような理由が新卒の人々を第二新卒へと導くのだ。

しかし、この第二新卒が日本企業だけでなく日本全体の社会問題となっている部分もある。

それは第二新卒となった人が転職するということだ。
すんなりと転職する人はまだいいだろう。

以前の仕事から新たにしたい仕事や目標が存在する人たちがすぐに転職へと動き始めるからだ。

だが、それとはまた違う人たちもいる。

退職したことで力が抜けてしまったのか、しばらくフリーターやニートを選択してしまう人もいるのだ。このフリーターやニートが問題となっている。

このフリーターやニートとなってしまった第二新卒が再び就職しようとしても通常の企業は冷ややかだろう。

以前の退職から再び就職活動を行うまでが空白の期間であったことはやはりマイナス要因であることは否めないからだ。

そうするとフリーターやニートとなっていた第二新卒はその状況から抜け出しにくくなってしまうのだ。

第二新卒の転職についてはこちらも参考になります。

そして、フリーターやニートが悪化して引きこもりや犯罪へ走るようになってしまう。
これが現在では社会問題となっているのだ。

この社会問題に対して国や経済界も対策に乗り出してきている。フリーターやニートとなっていた第二新卒の人とたちの就職を手助けする企業やそのマイナス要因を受け入れる企業も出てきた。

このように、若い人たちに働きやすい状況になってきている。だからと言って安易に第二新卒になってしまうのは生産的でないということも肝に銘じておきたいものだ。

なぜ若者は3年以内に辞めてしまうのか?

会社を辞めてしまう理由は人それぞれでしょう。生活する上ではいろいろな事が起こりますから、すべての人が同じ場所で働き続けられるとは限りません。

ただ働いた期間が3年未満となるとやはり何かあったのかな?とつい気になってしまうのかもしれませんね。

第二新卒の場合は特に新卒で入社していますから、仕事だけでなく生活の変化などが複雑に絡み合っている事も多そうです。慣れない場所で新しい事をたくさん覚えるのは想像以上に大変な作業ですから、理由は1つだけとは限らないかもしれませんね。

あるデータによると、辞めた理由として一番多いのは「仕事上のストレス」だそうです。

やっぱりという感じもしてしまいますが、入社して初めてのことだらけの毎日を考えると当然の結果なのかもしれませんね。

学生の頃は苦手な事があればそれなりに回避できたかもしれませんが、社会に出たらそういう訳にもいかなくなります。苦手でもとにかくそれを最後までやり遂げないといけませんから、まずそこら辺でプレッシャーがかかってくるのかもしれませんね。

社会人なのだからそれくらいできて当然と言う人もいますが、やはりストレスがたまってしまう人もいるでしょう。

ただ何もかもうまくいくなんて事はほとんどありません。会社に入ればほとんどの人が多かれ少なかれ仕事上のストレスを抱えています。

ですからこの場合は本人の限界がどのあたりにあるのかも重要になってくるのかもしれませんね。

また長時間の労働に耐えられない人もいるようです。学校の授業などと違って仕事には終わりがありません。

朝から晩までひたすら働きますから最初のうちはそれに慣れるのが大変かもしれませんね。中には残業などが多く体力的にもしんどい場合も考えられますので、状況により様々でしょう。

その他会社での人間関係も理由としてあげられています。

学生の時は気づきにくいのですが世の中には本当にいろんな人がいます。今まで同年代の人とばかり過ごしてきたかもしれませんが、会社には幅広い年齢層の人が一緒に仕事をしている事でしょう。

ですから人間関係もそれだけ複雑になる可能性があります。

3年未満で会社を辞めなければいけなかった理由はその他にもたくさんありますが、今後それらをどう生かしていくかも大切なのではないでしょうか。理由を考えるだけでなく、よりいい方向に持って行けるといいですね。