採用される履歴書とは?

転職をする時に必ず必要になるものと言えば履歴書です。
企業によっては最初に履歴書を送って欲しいというところも多いでしょう。

またこの段階で落とされてしまう事も結構あるようですね。そう考えると履歴書はとても重要な存在なのかもしれません。

面接する前に履歴書である程度決まってしまうというのもちょっとコワイですね。でも企業には毎日たくさんの枚数が送られてきます。

ですからここである程度人数が絞られてしまうのも仕方ない事でしょう。問題はそこに残れるかどうかかもしれませんね。

まず写真はできるだけいいものを選びましょう。
初めて人と会う時と同じですからやはり第一印象は大切です。

特に履歴書は面接と違い見た目を判断できるものがそれしかありません。視線などを含め顔の表情のいいもの、またカラーが望ましいでしょう。

パッと見て印象のいいものである事が重要です。

履歴書に記入する文字についても注意が必要です。
自分ではキレイに書いたつもりでもそれが相手に伝わらないと意味がありませんよね。

採用担当の人にもよりますが、やはり大きくて美しい文字が理想的でしょう。

企業によっては毎日たくさんの履歴書に目を通さなければいけないところもあります。

そういう時、どういう履歴書だったら読む気になれるでしょうか?相手の立場になって考えるといいかもしれませんね。

どんなにいい事が書かれていても文字が小さいと読んでもらえない可能性がありますので注意しましょう。これは人事の人に対する気遣いにもなりますが、そうした配慮もまた見られているのかもしれませんね。

その他、パソコンなどで作成するよりも手書きの方が印象がいいようです。ただ中には字を書くのが苦手という人もいるでしょう。

そういう場合はかえってマイナスのイメージとなってしまいますのでパソコンを利用した方がいいかもしれません。

履歴書は企業とのファーストコンタクトです。

ここで失敗すると後が続きませんので気を抜かずに慎重に行いたいですね。内容だけでなく相手に対する配慮なども忘れずに作成しましょう。